東京23区消費者物価3.6%上昇、目黒労協は目黒区長・東京労働局長要請予定


東京23区消費者物価指数3.6% 40年ぶりの物価高騰

東京23区の今月の消費者物価指数は天候による変動が大きい生鮮食品を除いた指数が去年の同じ月と比べて3.6%上昇しました。3.6%の上昇となるのは1982年4月以来、40年7か月ぶりの高い水準となります。

総務省によりますと東京23区の生鮮食品を除いた消費者物価指数は今月中旬時点の速報値で1年前の100から103.6に上昇しました。相次ぐ食料品の値上げが物価上昇の主な要因で、「生鮮食品を除く食料」は去年の同じ月と比べ6.7%上回りました。2022年11月25日 9時51分NHKニュースより

 

目黒労協から目黒区長・東京労働局長に要請

11月22日、目黒労協執行委員会で決定した、目黒区長・東京労働局長あて要請を、順次提出していきます。

目黒区長へ:区・区関連労働者の賃上げ、公契約条例の下限報酬額引上げを要請

11月統計版 記録的な物価高騰に対して早急な賃上げを求める目黒区への要請書20221126

東京労働局長へ東京都最低賃金改定にむけ最賃審議会に諮問することを要請

20221126消費者物価最新補正済み目黒労協東京労働局長要請案PDF

“20221126消費者物価最新補正済み目黒労協東京労働局長要請案PDF.pdf” をダウンロード 20221126消費者物価最新補正済み目黒労協東京労働局長要請案PDF.pdf – 2 回のダウンロード – 165 KB